印刷を美しくするための画像補正

ポイントガイド

印刷画像の処理や補正・加工には、手順があります。

いまではPhotoshopである程度の技術を習得していれば、イメージした思いどうりの画像を制作することができます。そのイメージの画像をプリプレスの設定によって印刷物としてのクオリティを高めます。

STEP

1.画像サイズを確認する。

画像サイズの確認は、現状の画像が持っている画像サイズをチェックし、印刷用に350dpiでどのくらいの大きさかを確認する。レイアウトするときに必要サイズがあるかどうかも確認しておく。
「画像解像度」で画像の再サンプルのチェックをはずし、解像度350pixcl/inchにすると幅、高さがわかる。これがレイアウト画像サイズとなり、最終トリミングサイズのとき、画像サイズが解像度350pixcl/inch必要となる。

2.ヒストグラムで画像の状態をチェックする。

画像のヒストグラムを見て、画像状況を見極める。=RGB全チャネル表示で各チャネルの色分布を知る。画像情報でポイントの色配分を確認しながら調整する。また、画像カラーの情報をCMYKで見て刷上りの色調を確認する。

3.画像補正の方針をたてる。

補正の方針をたて、段階的に最終画像状況に補正していく。画像キリヌキ、マスクの作成、画像加工、画像修正を目的に準じて補正していきます。

4.ホワイトバランス、グレーバランスをチェックする。

ハイライトポイント=画像で一番明るくしたい個所、シャドウポイント=画像で一番暗くしたい個所を見極めエンドポイントを使って補正する。白色点を設定RGB値でハイライトポイント<RGB:246>に、黒色点シャドウポイント<RGB:3>にて印刷状況にあったターゲット値に設定することで、画像全体にかかっている色かぶりなどを補正する。

5.トーンカーブで各チャネルごとに調整する。

全体の補正が整えれば、トーンカーブ調整レイヤーで、画像の調子を整えていく。レッド、グリーン、ブルーの各チャネルごとの調整後、RGBコンポジットチャネルで全体的なコントラストや明るさを整える。

6.色相・彩度で色ごとに調整を行う。

色相・彩度で画像の色特性により、チャネルごとに調整した後に、ダイヤログ「マスター」で全体の彩度を調整する。特に彩度を少し上げることにより、画像補正によるトーンジャンプを少し改善できる効果もあり調整画像には必要なプロセスです。

7.画像を統合して、モードをRGBからCMYKにする。

事前に「校正設定」や「色域外警告」を見ながらCMYKモードに変換します。特に彩度が高い色調や蛍光色などはCMYK変換により色見が変わります。色調が大きく変わるときは、もう一度RGBモードに切り替えて補正し直します。

8.「特定色域の選択」で色調を整える。

「特定色域の選択」は色のマスクですから、CMYKで出したい色を最低限に絞って調整する。レッド系、イエロー系、グリーン系、シアン系、ブルー系、マゼンタ系、白色系、中間色系、ブラック系を、シアン、マゼンタ、イエロー、ブラックで補色として調整します。

9.プリントプルーフ(プリント紙による校正)で、印刷状況を確認する。

印刷の仕上がり状況を確認するため、プリント紙にて校正チェックする。モニターとプリンターの差異を加味しながら、最終印刷物としての校正を行う。補正した画像の明るさやシャープのかかり具合、オフセット用カラーチャートなどで色見の確認などを行います。また、再補正や追加の修正箇所などが発生する場合にそなえて、シャープ処理(USM)をしないバックアップもとっておきます。

10.最終レイアウトが決定した段階で、シャープネスをかける。

シャープ処理をすると画像が劣化するので、画像調整が終了する状態までシャープはかけない。印刷出稿の最終段階まで、リサイズしてもシャープはかけないのが原則。最終のレイアウトが決定して印刷設定する段階で、必ず原寸サイズでシャープをかける。「シャープ」を選択してシャープ処理(USM・シャープ強・スマートシャープなど)を適用量をかける。画面上で強い目にかかっていても、印刷時には丁度いいくらいの刷上りになることを考慮しておく。

フッターイメージ