Marketing DesignDigital Prepress

デザイン・プリプレス・プリンティングトータルシステム

「デザイン・印刷を販促印刷ツールとして効果的に創る」「思いどりの美しい印刷物を創る」ことは、かなり難しい課題でした。ユーザー自身が印刷設定を行うには、どのようなプロセスを経て憶えればいいのか明確に提示できる教育プログラムもありませんでした。従来のシステムでは、デザイン要件と印刷要件が統合されておらず分離されており、成果物のイメージギャップによるトラブル解消法、課題解決方法が確立されていなかったことにも起因していました。

しかし現在では、印刷設定とデザインワークが一体化したオペレーティングシステムにより、制作者が意図する表現スタイルとして完成度の高い成果品を得ることができる環境が実現しています。デザイン・プリプレス・プリンティングトータルシステムが多様なワークフローを可能にしています。

完全印刷データ作成・デジタルプリスレス

PC環境やアプリケーションの普及により、デザイン制作や印刷データ作成の専門知識がなくてもデジタル印刷データ作成が可能となっています。そこには、Desktop PublishingからDigital Prepressへの転換が促進されていることにあります。つまり印刷するためのデザイン・レイアウト・編集をパソコンで行ない、印刷機(プレス)にかける直前までの工程を全てこなしてしまうデジタルプリプレスの一貫したプリンティングシステムの普及があります。

印刷技術や工程での専門の知識がなくても、直接印刷発注できる環境が整ってきたということです。いまではWEBを活用したデジタル印刷データを直接ダイレクトに出稿できる印刷業態も顕在化してきています。

デジタルプリプレスのデータ作成には設定要件がありますが、手順どうり進めていけば印刷の出来上がりには影響を及ぼすことはありません。しかし手順や設定方法にモレやチェックミスがあると印刷物にその影響が出ます。特に画像や色合い、図形、文字フォントが顕著にその影響を受けます。そこにはポイントがあって、その意味を理解していればチェック漏れは防げます。

そのポイントと設定方法だけを知れば誰でも簡単に印刷出稿できるのです。ちまたにあふれる印刷物を詳細に見比べると多様なようで結構単一フォーマットの設定方法で印刷されていることがわかります。印刷環境にマッチングさせるデジタルプリプレスの環境は様々ですが、基本的なプロセスは同じです。

フッターイメージ